利益が支援に繋がる

スーツの男性たち

どのような形態で香港に会社設立ができるのか、そのためにはどうすればいいのか、どれくらい時間がかかるかなど、考えをめぐる人はいるでしょう。グローバル化した日本企業においても、海外市場に目を向けるようになり、香港の市場の勢いに利益率が高いとみて事業拡大を試みるようです。通常、企画者(事務執行者)のみが設立手順を取りますが、それをサポートする支援事業もあります。会社の定款を作成して、公証人に認証してもらうことも必要ですが、企画者は設立時の株式のすべてを引き受け、出費の履行をしなければなりません。新規参入というならば、支援事業者が提供する様々なサービスを利用して香港で起業できます。しかし、新規のみならず、一度起業したものの的外れに終わって撤退したケースもあります。リサーチ不足や資金不足などもあったでしょうが、そうした法人の救済にも手を貸してくれます。また、負債が多いけれども会社設立したからこそ、再生・再建することも支援してくれます。もちろん、ボランティアではないので、負債を肩代わりするワケにはいかず、条件付きです。毎月の売上から返済できないものの、借金の返済を除いた経常収支だけを取り出せば黒字経営であり、もし負債が抑えられるのなら会社そのものも継続できるという場合に限ります。企業が黒字になれば貢献してもらう、そうした仕組みやサービスで運営されています。

携わる者たち

マンション外観

香港に会社設立するにしても、独立支援や経営支援までが提供されています。登記申請手続きなどは通常、代表取締役が行いますが、全部が一度にできるものではありません。経営者には家族もいるでしょうし、支援者と一緒になって、じっくり進める(交渉)ことが必要です。香港に会社設立を考える場合、どんな支援者が携わるのでしょうか。例えば、先に上げたように独立や経営のためのプロもいます。また、語学力に強みのあるエージェント(通訳者)もいれば、色々な交渉も締結しやすくなります。というのも、専門用語も飛び交うなか、言い方1つで伝わり方にも微妙な差が生じるからです。ニュアンスの違いで双方の解釈も違いが見られますから、不一致が起こらないように、交渉に強みのあるエージェントが必要です。また、税理士をはじめ、弁護士は国際弁護を担う士業者でなければ意味がないでしょう。サービスや商品の売買での会社設立ならば、仕入先などの取引先を大事にしたり、金融ではメイン銀行をどこにするか、そうしたことまで考えなければならず、金融機関も携わるのも特徴です。経営の合理化計画のために、様々な人の手が必要になるでしょう。

広告募集中